Vライン脱毛は子宮に良くない?

最近はたくさんの女性がサロンやクリニックでVライン脱毛をするようになってきましたね。
VIOライン脱毛は当たり前という時代にきたようです。

しかし、デリケートな場所だけに心配になることもたくさんあるようで、不安の声が多く聞かれるのも確かです。

例えばVライン脱毛なら、これから妊娠、出産を控えているけれど、脱毛して大丈夫?とか妊娠しているかもしれないのに脱毛してしまった、赤ちゃんは大丈夫?など子宮への影響を心配する声は多いですね。

ちょうど子宮のある下腹部にレーザーを照射したり光を当てたりするのですから、不安になるのはわかります。

妊娠中でも影響なし

妊娠中、あるいは妊活中にVライン脱毛が子宮に影響するかというと、それはありません。

レーザーが皮膚に埋もれている毛根部へ照射されたとしても、子宮には届きませんので安心してください。

もし内臓に何か影響があるのなら、他の部位の脱毛も危険だということになりますよね。サロンでは、妊娠中の施術はできませんというところが多いので、何か影響があると思ってしまうのかもしれませんね。

しかしこれは、妊娠の経過や赤ちゃんの健康に何か異常があった時に、脱毛を受けたからだと思われるのを避けるためだと考えられます。脱毛のレーザーや光が子宮に影響することはないので安心してくださいね。



アリシアクリニック



▲pagetop