VIO脱毛はニキビ痕があっても受けられる?

VIO脱毛は勇気がいりますよね。デリケートゾーンですから、『見られるのが恥ずかしい』という方も多いのではないでしょうか。

でも、VIO脱毛にはメリットがたくさんあります。毎日自分でお手入れしているという方は、脱毛でスッキリさっぱりキレイにしてみてはいかがでしょうか。

VIO脱毛のメリット

一番のメリットは、やはり『スッキリする』ことでしょう。自分ではお手入れしきれないところまでキレイにしてくれるので、煩わしさがなくなります。

VIO脱毛はVライン・Iライン・Oラインの3か所ですから、それぞれ脱毛することで各部位のメリットも得られるでしょう。

まずVラインは、下着や水着を着たときに清潔感があります。もっとも多くの人がこのラインの脱毛を希望しており、形を整えてくれるので見た目の印象もグンとアップします。

普段見せるところではありませんが、だからこそキレイにしておきたいもの。近年はIラインの脱毛を希望される方も多く、このラインはニオイ対策にも繋がります。

また生理のときの不快感も軽減でき、衛生的に大きなメリットになるでしょう。Oラインもやはり衛生的面でのメリットになります。蒸れやかゆみが軽減できるのも嬉しいですね。

ただOラインは粘膜付近になりますので、サロンよりもクリニックによるレーザー脱毛が良いといわれています。脱毛する場所によって、サロンかクリニックかじっくり検討しましょう。

VラインでしたらサロンでもOKです。

ニキビ痕はどれくらいなら脱毛OK?

ニキビ痕があっても脱毛は可能ですが、やはり状態によります。シミ程度の痕であれば比較的施術を受けられますが、赤みを帯びている場合は避けたほうが安心です。

要するにメラニンによるものではない痕の場合、症状をさらに悪化させてしまう恐れがありますので気をつけましょう。事前にカウンセリングを受けられるので、医師と相談して施術を受けてくださいね。

デリケートゾーンは自己処理によって肌トラブルを起こしているケースが多いといいます。そのため、色素沈着で悩んでいる方も少なくないでしょう。

でも、先にも述べたように薄い色素沈着であれば脱毛は可能です。むしろ照射することで痕がキレイになる場合もあるといわれています。



アリシアクリニック



▲pagetop